ニュースレターVol.05|鹿児島市 さこだ歯科医院

無料メール相談

予約

ニュースレター

ニュースレター Vol.05 今週の特集

だんだん秋も深まり、肌寒いことが多くなってぉましたね。
寒くなるのは辛いけど・・・食べ物の美味しい季節でもあります!!
よく噛んで、たくさん食べて寒さに負けない健康な体作りをしていきましょう。

今月の看板

今月のお花

むし歯からまもる! ~おやつの効果的な食べ方~

おやつは必要?

おやつはお子様にとって大切な栄養源のひとつです。
「おやつは必要ない」と考える方もいらっしゃいますが、不足しがちなお子様の栄養源を補うために、楽しく食べられるおやつはとても適しているのです。
なかには、骨や歯の成長に役立つおやつもあります。
ぜひ健康に良いおやつをお子様に食べさせてあげて下さい。

おやつは時間を決める事が大事

食事すると、お口の中のバイキンが強い酸を作ります。
その酸が歯を溶かし、虫歯の原因になるのです。
しかし、食べ終わると唾液によって酸は中和され、歯がもう一度作られる「再石灰化」が起こります。
「だらだら食べ」や「ながら食べ」をせずに、時間をきちんと決めて意識することが虫歯予防につながります。

ハミガキを好きになってもらうことが大切

ハブラシを嫌いにならないように、嫌がるときはフッ素を使用する事が大切です。 磨くときは柔らかめのブラシで歯肉や唇を傷つけないよう動かします。
「自分で磨きたい!」という気持が出てきたら自由にブラッシングさせてあげましょう。
自分のお口以外にもお人形のお口を磨くマネをさせてあげるのも効果が高いです。
その後、大人のブラッシングも大切で、磨き終わった後には「あー!キレイになったね!」と褒めてあげてください。
もちろん、キレイに磨けたときも褒めてくださいね。

スタッフのおすすめ!秋の過ごし方!

バックナンバー

お問合せ